店舗買い取りサービスのメリット・デメリット

店舗買い取りサービスとは店舗に商品を運ぶことで、査定し、品物を買い取ってくれるサービスです。 ここでは、店舗買い取りサービスの特徴やメリット・デメリットについて詳しくご紹介しています。

 

中古買い取りサービスの種類 : 店舗買い取り(質屋)

店舗買い取り(質屋)は店舗で買い取りサービスを実施しています。
質屋がこれに代表されるサービスですが、質屋が預かった品物を担保にお金を貸す、というシステムなのに対し、店舗買い取りでは「預かる」という形式ではなく、完璧に「買い取る」という点で少し異なります。

質屋の仕組みについて細かく説明すると、質屋に預けた品物と引き換えにお金を貸してもらえ、期限内にそのお金+質料(利息)を支払うことで預けておいて品物を再び引き取ることができる、というもの。

 

質入れと買取の違い

質屋では上記の質入れという形ではなく、買取という方法も選ぶことができます。不用品の処分ということであれば質入れよりも買取を選んだほうがお得です。

質入れはあくまでも「お金を借りたいときのサービス」となっています。ちなみに、実は質屋の金利って年利で100%を超えることとも珍しくありません。最近の低金利のカードローンなら10%未満で借りれることを考えると、お金を借りたいときは、質屋を使うよりもキャッシングや消費者金融を使うほうがよっぽど金利は安く済みます。

参考: 低金利キャッシング・カードローンの人気ランキング

ちなみに、質屋の質入れのメリットなどについては「意外と知らない質屋のしくみ」も参考になるかと思います。

 

質屋での店舗買い取りは多くの企業が実践していますが、そのメリットとデメリットをご紹介していきますね。

 質屋の店舗買い取りサービスを利用する際のメリット・デメリット 

 メリット   デメリット
・自分の都合の良いときに訪れることができる   ・店舗まで足を運ぶ必要がある
・査定金額をすぐに現金でもらうことができる   ・査定に納得がいかなかった場合や買い取ってもらえなかった場合、自分で持ち帰る必要がある
・自分が売るものが店の雰囲気に合っているかどうか、目で確認することができる   ・高く売りたい場合、取り扱っているジャンルごとに違うお店を回って売る必要がある
・査定金額の内訳や理由を口頭で確認することができる    


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。