お掃除・収納ガイド片付け・収納編場所別の片付け・収納方法>クローゼットのお片づけ・収納方法

クローゼットのお片づけ・収納方法

クローゼットは、目の前にある必要のないものなどを押し込んでしまいがちです。
そのため、必要なときに物が取り出しにくかったり、収納量が多いため片付けも後回しにしてしまったり、何かと時間がかかります。
クローゼットの片付けは、気分が乗っているときに徹底的行うほうが効率よく行えます。
ここではクローゼットの衣服の片付けかたや収納方法のコツについてご紹介します。

クローゼット収納方法のポイント

クローゼットは最大の収納場所です。
そのため、必要か不要か迷ったものでもとりあえずクローゼットに入れておこう、と考える人も少なくありません。
そして、色々なものが収納されているので掃除もおろそかになりがち。
下記のポイントを抑え、気合を入れてお掃除を始めましょう!!

 

1:クローゼットの広さと衣服の量を把握する。

ベストな収納方法を実践するには、まずは自分のクローゼットの広さを確認する必要があります。
思い切ってクローゼットの中の衣服を全部出して、空っぽにしてみましょう。
ハンガーにかけている衣服だけではなく、引き出しや、奥にしまいこんでいるダンボール、小物など全てのものを出します。
こうすることで、自分の持っている衣服の量やクローゼットの広さを確認することが出来きます。

 

2:必要な物だけを選ぶ

次に、クローゼットから出した衣服は、シチュエーション別、アイテム別に分類しましょう。
仕事着、普段からよく着る衣服、勝負服、トップス、ボトム、カジュアル服、部屋着などに分類することで、何をどのくらい持っているのか把握することが出来ます。
自分の行動パターンを冷静に、客観的に振り返って、何がどのくらい必要なのか考えます。
ここで、「こんなに部屋着って必要?」、「勝負服多すぎ?」など、自分の衣服のバランスに気付くことができますよ。

また、 シーズンごとに必要な衣服はどのくらいか、よく着ていた衣服はどのくらいかを考え、そして今持っている数量の衣服全てが必要なのか考えます。
1シーズンもしくは2シーズン着なかったものに袖を通すことはありません。
着ない服のために新しい衣服の置き場所がなくなることは避けたいものですよね。

必要な枚数の衣服が把握できたら、好きな洋服からクローゼットに収納していきます。
ここで収納のポイント!
収納は自分の衣服の中からもう一度ショッピング気分で選ぶイメージで行います。
クローゼットがいっぱいになったらショッピングは終了です。
一人で行うと衣服の量の多さから、挫折したり、日にちをまたいでしまう事も考えられるため、誰かとアドバイスをくれる人と一緒に掃除してもいいでしょう。
お友達とお互いの家を行き来して、一緒にやってみてもきっと楽しいはずです。

ここで入りきれなかった衣服たちをどうするか。
諦めが肝心です。
流行のデザインのものなどは「またこのデザインが流行るかもしれない」と保管し続けてしまいがちですが、次の流行のときには持っているデザインは古く感じてしまうもの。
心を鬼にして、色々な方法で処分しましょう。

 

3:見やすく、取り出しやすいクローゼットの収納方法

着る服と着ない服を分けたら、必要な衣服を収納していきますが、どのような収納の方法をしているかによって衣服の寿命は大きく変わります。
乱暴に収納していると、衣服同士の摩擦によって傷ついたり、毛玉ができたり、形(シルエット)が崩れたりしてしまうからです。 また、衣服を大切にすることで、「簡単に捨てたくなるような服は買わない!」というように、気持ちにも変化がみられるようになります。
身支度の際、しゃがまずに手が届く程度~床から1.5m程度まで」が最も使いやすいとされる高さの範囲です。
よく着る機会がある衣服はそのゾーンに収納するようにしましょう。

クローゼットの収納方法のコツ

・ポールにハンガーを掛けるときには、ひとつ置きにS字のフックを使用すると、肩の位置がずれるために摩擦を軽減でき、スペースが有効活用できます。

・畳んだシャツなどは、首周りの位置を互い違いに収納すると襟がつぶれにくく、スペースを有効に活用できます。

・取っ手付きのかごをS字フックでポールに吊り下げて、中に靴下などを収納します。
見た目にもオシャレですし、中が見やすいので取り出しやすくもなります。

 

4:収納スペースを充実させること

収納用のグッズは、現在たくさんの物が販売されています。
これらの収納用グッズを有効に活用して、スペースを最大限使えるようにしましょう。
収納グッズは、仕切ったり、吊るしたりするものが基本です。
また、「お掃除の裏技大特集」では、思わず実践したくなるような収納に関する裏技も掲載しています。

 

5:不要な衣服を処分する

クローゼットの片づけがひと段落すると、クローゼットに収納できなかった衣服がだんだん目立つようになります。
これらは、その日のうちに処分してしまいます。
まずは、この収納できなかった洋服を「着古しているもの」と「あまり着ていないもの」に分類してみましょう。
「あまり着ていないもの」に分類された衣服で状態が良いものは、買取サービスを利用して売る、リサイクルショップに売る、友人にあげる、などの方法で処分するようにしましょう。
「着古しているもの」に分類された衣服は、細かい布切れにして、掃除や靴磨きに再利用できます。
また、再利用する洋服にボタンや飾り物が付いている場合は取り外してガラス瓶などに収納しておくとインテリアにもなりますし、いざというときにも利用できますよ。

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。