お掃除・収納ガイド片付け・収納編>片付いた部屋を綺麗なまま保つには

片付いた部屋を綺麗なまま保つには

部屋の片付けが終わったら、綺麗な状態を保つ努力を続けるようにしましょう。
綺麗な状態の部屋に住んでいる人は生活に無駄や混乱がなくなることからストレスがたまりにくいとされています。 せっかく綺麗に片付いた部屋も、これまで通りのやり方ではすぐに元通りになってしまいます。
片付いた部屋を綺麗に保てるように、意識を持ち続けることが重要です。

自分の行動パターンを知ろう

簡単な部屋の掃除のやり方をご紹介します。
まず、自分の部屋の「どの部分が散らかりやすいのか」を把握します。
つまり、自分の行動パターンを考えて、分析するのです。
毎日どの場所で洋服を脱ぎ、カバンを置き、小物やアクセサリーを外して置くのか、テレビやDVDプレーヤーのリモコンはどこに置くのかなど。
そうすることで片付けたばかりの部屋のどこから散らかるのか、またはどこに物が集まっているのかを確認できます。
確認できた後は、その場所に片付け用のボックスやかごを置くようにしましょう。
そして、散らかっているものがあればすぐにその中に入れるようにします。
そうするとスッキリして見えますし、その中に入れたものはたまる前に片付けるようにすると物が溢れることもありません。
無理して片付けを続けても、長くは続かないものですが、この方法なら自分のペースで片付けができますね。

また、玄関からくつろぐ場所への線上に片付けスペースを作りましょう。
たとえば、疲れて帰宅したときに、せっかく部屋の掃除をしていても、脱いだ洋服、バッグ、郵便物、新聞などが散らかることでストレスを感じることもあるでしょう。
そんな時、あちこち歩き回って色々なものを片付けるのではなく、片付けスペースに物をまとめておくだけで気持ちが楽になります。
毎日する片付けと、週末など一週間に一度する片付けとに分けて、割り切ることが綺麗な部屋を保つ重要なポイントとなります。

 

気持ちを切り替える

徹底的に片付けをした後は、「気持ちの切り替え」がとても大切になります。
それまでと同じ気持ち・すごし方などこれまで通りのやり方で過ごしていると、また散らかった部屋に戻ってしまいます。
衝動買いをなくして、買い物の習慣を見直す必要もあります。
衝動買いで買ったものが後々、必要ない物になる可能性は高いとされているため、買う前に「本当に必要か」、「お金を払う価値があるのか」、「きちんと使いこなせるのか」ということを自分に問いかけるようにしましょう。

また、ダイレクトメールなどをはじめとするたくさんの情報が、家の中にはたくさん入ってきます。これは後でゆっくり確認しよう、と先延ばしにしていると、どんどん溜まってしまう結果に。
家の中の無駄なものをなるべく減らすためにも、その場で目を通し、必要のない物はすぐ破棄する習慣を付けると、無駄なものが部屋の中にたまりません。

これらの掃除のやり方を習慣化することで、ストレスをためることなく部屋をきれいな状態で保つことができます。
しかし、一番大切なことは、 日常生活の中において、綺麗な部屋をキープするんだ!という「意識を高める状況を作りだす」ということです。
キレイな部屋を保つことで自分の心にも余裕を持つことができるということを知っておくと、さらに効果的ですね。


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。