お掃除・収納ガイド片付け・収納編場所別の片付け・収納方法>キッチンのお片づけ・収納方法

キッチンのお片づけ・収納方法

キッチンはシンプルで綺麗に保ちたいものですが、やはり毎日の食事を作るとなると多くのキッチン用具が溢れてしまいがちになります。 でも、ゴチャゴチャしたキッチンでは気持ちよく料理をすることができませんよね。
ここでは、キッチンの上手な片付け・収納方法についてご紹介していきます。 参考となるポイントがあればぜひ取り入れてみてください。

キッチンツールの収納

キッチンツールは「寝かす」か「吊るす」ことでスッキリします。
「寝かす」場合は、木箱などインテリアにもなるトレイに寝かせて収納するとスペースの有効活用にもなります。
この場合は、少し柄の部分が飛び出すくらいの方が取り出しやすくなります。
「吊るす」場合は、ガスコンロなどの調理する場所の近くに吊るすようにしましょう。
ポールを取り付けてS字フックなどを利用しますが、キッチンの奥行きが深い場合は横に吊るすなど方法を変えましょう。

 

 

配膳用ワゴンを活用する

配膳用テーブルにお茶碗と炊飯器をセットで置くことで、ご飯をよそう度にキッチンとテーブルの往復をする必要がなくなります。
食事の際にはこの配膳用ワゴンをダイニングテーブルのそばにセットしておくと手間がかからなくなります。
また、お箸やスプーンなどのカトラリー類もこのワゴンにセットしておきましょう。
一人暮らしの場合も、小さいワゴンに炊飯器やよく使う食器・カトラリーを収納しておくと便利です。

 

 

食器棚

食器棚の収納には様々な方法があります。

ターンテーブルを入れる

小鉢や小皿などを入れることが多い食器棚の上段には、奥の方には何が入っているのか分からない状態になりがちです。
そんなときは、ターンテーブルをいれてクルクル回して取り出しやすいようにしてみましょう。

すべてお揃いの網かごで小分けする

保存食や瓶などを収納するとき、奥においてある物を取り出すときなどは何かと不便ですよね。
かごに収納することで、奥の物も取り出しやすくなります。
また、かごをお揃いにすることで統一感が生まれ、スッキリしてみえます。

仕切りを利用して瓶を収納

一番下にある深い引き出しは、仕切り板をいれ、調味料などの瓶類を入れるようにしましょう。
仕切り版のおかげで、瓶同士が当たって割れることもありませんし、等間隔に収納することができるため見た目もスッキリしたものになります。

吊り戸棚の場合

位置が高くて奥行きもあり、取り出すのが不便な吊り戸棚には、保存容器などの軽いものを収納しましょう。
その際には、いくつかまとめてビニール袋や巾着などに入れて収納することで、奥にあるものでも簡単に引き出すことができます。

 

 

シンク周りのグリーンの飾り方

シンクやキッチンにハーブや小さめの観葉植物などを飾っている人も多いと思います。
しかし、調理場の広さが必要となった時などにとっさに動かすのが面倒ですし、洗剤などと混在してしまい、せっかくのグリーンが台無しになってしまうこともあります。
そんなときは、「高さ」を出しましょう。
小さめのラックや脚付きのケーキスタンドなどに乗せて高さを出せば、ディスプレーとしての魅力が高まり、目線が上にいくのでキッチンのごちゃっとした場所まで目がいきにくくなります。

 

※「キッチンのお掃除・清掃方法」のページではキッチンの掃除に関するポイントやQ&Aを掲載しています。 収納の前にまずはお掃除から始めることをオススメします。
また、「梅雨時のキッチンの除菌」ページでは梅雨時に正しい除菌を行うためのポイントをご紹介しています。


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。