お掃除・収納ガイド掃除編場所別の掃除方法>バスルームのお掃除・清掃方法

バスルームのお掃除・清掃方法

カビ、放置された水アカ、石鹸カスなどの水周りの手強い汚れが目立つ場所です。市販されている洗剤を活用し、掃除のタイミングに注意してこれらの汚れを綺麗に取り除きましょう。

バスルームの掃除

床や壁を浴室用洗剤で洗う

毎日洗う浴槽に比べて、床や壁の掃除は怠りがちです。
湯あかや石鹸カスなどが飛び散る洗い場と床は全ての面を洗うことは困難なため、体を洗ったときにお湯が飛び散る高さまでの壁を手早く洗うようにしましょう。

 

浴室のドア、窓を洗う

まず、ドアに熱いシャワーを当てて、ドアの表面温度を上げます。
その後、浴室用洗剤を使って掃除しますが、汚れがひどい場合は、洗剤をスプレーした後に数十分放置してから、スポンジやタワシなどでこすり洗いをします。

 

バスタブを洗う

バスタブはできるだけ暖かい状態で洗うようにします。
お湯を抜いた後すぐに洗うようにすれば、洗剤などを使用せずに洗っても十分に汚れが取れます。

 

換気する

バスルームで見かけるピンク色のぬめりは、カビではなく「酵母」と呼ばれるものです。
これが現れたら掃除不足の注意信号です。
カビよりも増殖のスピードが速いことが特徴とされているため、こするだけでなく洗剤を使用して掃除するようにし、掃除の後はしっかりと換気するようにします。

 

ニオイの対策

バスルームのニオイの原因は排水溝です。
つまり防止の専用液などを利用して、1シーズンに1度程度は掃除をするようにしましょう。
つまり防止の専用液などが無い場合は、少量のお湯を流しながらベーキングパウダーで代用することもできます。

 

バスルームの掃除 Q&A

バスルームの掃除は水でもいいの?

汚れを落とすには水よりもお湯の方が効果的です。
ただし、バスルームの温度が高いとカビが発生する原因にもなるため、お湯で掃除した後にはしっかり水気を拭き取る必要があります。
拭き取る時間が無い場合には、最後に水を全体的にかけて浴室の温度を下げるようにすることで、カビの発生を抑えることができます。

 

パスルームのドアガラスを洗うのは窓用洗剤?浴室用洗剤?

バスルームのドアガラスは、通常の窓のような手あかやほこりなどの汚れとは異なり、石鹸カス、湯アカ、ほこりが混じったものです。
窓用洗剤で掃除をしても問題はありませんが、浴室用洗剤の方が汚れには効果的です。
また、バスルームのドアガラスには凹凸があるため、普通のスポンジでは汚れが取れにくくなっているため、ブラシなどを用いて掃除するようにしましょう。

 

バスタブを洗う順番は?

最後です。
掃除は「上から下へ」が基本です。
天井や壁を洗ったあとにバスタブ、床を洗う手順が最も効率良く洗うことができます。

 

カビが生えない方法はあるの?

バスルームを使い終わったあとに、しっかり水気を拭き取っておくことでカビの発生を防ぐことができます。
換気をしっかりして、最後にバスルームを使用した人が使い終わったバスタオルなどで拭き取ればよいのですが、面倒な方法でもあります。
スクイージーなどを利用すると気軽に使用できますし、手間もかかりません。

 

鏡の曇り止め、何かで代用できる?

すぐに曇ってしまうバスルームの鏡対策として、現在は曇り止め専用のスプレーやシートが数多く販売されており、最も効果が発揮されるのは市販の曇り止めでしょう。
しかし、掃除の最中でこれらが手元にないことに気がついても、わざわざ買いに行くのは面倒ですよね。
そんな時は、「ジャガイモ」で代用が可能です。
ジャガイモを切り、その切り口を鏡にこすりつけ、乾いたら根気よくガラスを磨きます。
デンプン質が鏡に膜を作り、曇り止め効果を発揮します。

 

カビを見つけたら、どうしたらいい?

カビを見つけて、いきなりカビ取り剤をスプレーするのはやめましょう。
黒い汚れ全てがカビとは限りません。
まず、浴室用洗剤で通常の掃除をしてみて、それでも落ちない場合にカビ取り剤をスプレーします。
このとき、カビの上についている水アカや石鹸カスなどをしっかり落としてからカビ取り剤をスプレーします。
また、カビ取り剤が薄まってしまい、効果があまり発揮されない場合もあるため、掃除の際はバスルームをしっかり乾燥させた翌日、もしくは水気をしっかり拭いてから使用するようにします。

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。