お掃除・収納ガイド掃除編>掃除に必要な道具、掃除用品の揃え方、選び方

掃除に必要な道具、掃除用品の揃え方、選び方

掃除を行うには、目的に応じた様々な道具が必要になります。せっかく掃除をするのに、間違った選び方をしないようにしたいものですよね。効率的に掃除を行うために、必要な道具を揃えることから始めましょう。

便利な掃除道具を揃える

効率的に掃除を行うために、必要な道具を揃えることから始めましょう。
下記の物を用意すると、大抵の家の汚れに対応できます。

 

マイクロファイバークロス 

超極細線維で出来たクロスは、その凹凸に細かい汚れを取り込むため、ほこりや手アカ汚れを落とすことが出来ます。仕上のひと拭きの際に利用することで、繊維や水滴の跡を残さずに拭きあげれます。

>>マイクロファイバークロスの購入はこちら(楽天)

 

油汚れ用クリーナー

しつこい油汚れに使用します。
油汚れ用クリーナーを使用後、ふき取りが不要のものと拭き取りが必要な物とがあります。使いやすさを考えるとふき取り扶養の者が良いですね。

>>油汚れ用クリーナーの購入はこちら(楽天)

 

カビ取り剤

せっけんカスの奥のカビなどを協力に落とす塩素タイプですが、酸性の塩素剤などと混ぜて使用しないよう注意が必要です。 換気を十分に行いながら使用しましょう。

>>カビ取り剤の購入はこちら(楽天)

 

掃除機

フローリング、じゅうたん、畳などの床掃除から、ソファーなどの布製品の掃除に使用します。 繊維や板目の置くのほこりなどを吸いだすのには欠かせない道具となっています。 また、シャークスチームモップなど蒸気で汚れを浮かせるタイプのものは大掃除に重宝します。

>>掃除機の購入はこちら(楽天)

 

浴室用洗剤

皮脂汚れやせっけんカスが混ざった湯あかを落とします。
白く残ってしまう水アカや、石鹸カスだけを落とすのには弱酸性タイプの洗剤が効果的です。

>>浴室用洗剤の購入はこちら(楽天)>>


トイレ用洗剤

消臭や床掃除まで幅広くしようできる中性のものから、尿石汚れに効果的な酸性のものまで多くの種類があります。

>>トイレ用洗剤の購入はこちら(楽天)

 

軽い汚れ用クリーナー

これは2度拭きが必要ないため様々な場所に使用することができます。
ちょっとした汚れや、軽い掃除の際に用いられます。


>>軽い汚れ用クリーナーの購入はこちら(楽天)

 

ほこり取り

ホコリを吸着するシートタイプやアタッチメントを用いるもので、使い捨てとなっているものが多いためとても便利な道具です。
家具などに使えるハンディータイプやフローリング用ワイパーがあります。

>>ホコリ取りの購入はこちら(楽天)

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。