お掃除・収納ガイド掃除編>掃除に役立つ常識(掃除の基本知識)

掃除に役立つ常識(掃除の基本知識)

無駄な労力や時間を省いて効率的な掃除をするための、知っているようで知らなかった掃除の常識を紹介します。
ここで紹介する掃除の大切なポイントを押さえることで、効率的で無駄のない掃除ができるようになるはずです。

お掃除の5つの常識

お掃除に役立つ5つのポイント

1:「片付け」と「掃除」を分担して行いましょう。

部屋ごとに片付けと掃除を繰り返すと中々作業が進まず、やる気もどんどんなくなってきます。 ひどく散らかっていて片付けに時間を費やすような場合は、今日は片付け、明日は掃除、とスケジュールを分けた方が効率よく進めることができます。

 

2:「水まわり」をはじめに。

掃除は「外から中へ」、「水まわりを早めに」が基本です。
玄関やベランダ、窓ガラスなどの外まわりは日が高いうちに行いましょう。
次に、水気が乾くのに時間がかかるバスルーム、キッチンといった水まわりの掃除を行います。
その後、個室やリビングの掃除を行うようにしましょう。

 

3:「上から下へ」。

最初に掃除機をかけてしまって、後から家具や小物の掃除をすると、再びほこりを舞い散らしてしまう結果になります。
掃除機を掛ける前に小物の掃除をして、ほこりを落としてしまってから掃除機を使用しましょう。

まずは棚や机の上などの整理、掃除を始めて床掃除は最後になります。

 

4:掃除道具の手入れはしっかりと。

掃除道具が綺麗でないと掃除の効果は半減してしまいます。
例えば、掃除機の中にゴミが溜まっていると吸引力が低下するので、掃除機のゴミはこまめに捨てましょう。
また、はたきやブラシ、台拭きなども掃除の後には軽く洗ったり、漂白剤で除菌したり、掃除道具の手入れも怠らないようにします。

 

5:換気をしながら掃除を。

掃除は必ず窓を開けてからするようにしましょう、
窓を開けずに掃除をすると、室内の空気が汚れるだけでなく、水拭きした場所の水気が乾きにくく、カビが発生する原因にもなります。
雨の日にも水気が乾きにくいため、雨の日の水拭きは避けます。
また、風の強い日に窓を開けると外から砂ぼこりが入りやすいため、風が強い日の掃除は極力避けるようにしましょう。
窓を開けている間はほこりが床に落ちないので、食事の30分前には窓を閉めてほこりを落ち着かせるようにします。



当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。