お掃除・収納ガイド掃除編年末の大掃除特集場所別>お風呂編

年末の大掃除 お風呂編

頑固な水アカやカビが特徴的なお風呂掃除。時間がかかる場所でもあるので時間に余裕を持って取り組むようにしましょう。
ここでは年末のお風呂掃除のポイントや裏技についてご紹介します。

 

お風呂の掃除を始めよう!

お風呂の大掃除に用意するもの
  ・ カビ用洗剤
  ・ お風呂用洗剤
  ・ スポンジ
  ・使い古した歯ブラシ
 ・ キッチンペーパー (ティッシュやガーゼでも可)
 ・ スクイージー

 カビ汚れを浮かせよう

まずは頑固なカビを浮かせましょう。
カビが気になるところにキッチンペーパーやティッシュ、ガーゼを当てて、その上からカビ用洗剤を塗布します。洗剤に表記された時間を守って放置しましょう。
床のカビを落とす場合は、まずお風呂用の洗剤で洗って水気を拭いた後、カビ用洗剤で洗い流すようにしたほうが効果が現れやすくなるようです。

水アカ汚れを浮かせよう

カビ以外の汚れにはお風呂用の洗剤を塗布しますが、水アカや落ちにくそうな汚れには、カビ取りのときと同様にキッチンペーパーなどを当ててお風呂用洗剤を塗布して放置します。
20分から30分程度放置した後、スポンジや歯ブラシでこすり落としましょう。
排水溝やシャンプーラックの底、ドアの通気口、壁の隙間など細かい部分も歯ブラシなどでしっかり汚れを落としましょう。

しっかり洗い流しましょう

カビ用洗剤やお風呂用洗剤に浸けていた部分などをスポンジ、歯ブラシで汚れを落としたら、しっかりと洗い流します。
汚れを落とすには水よりもお湯の方が効果的です。
ただし、バスルームの温度が高いとカビが発生する原因にもなるため、お湯で掃除した後にはしっかり水気を拭き取る必要があります。
スクイージーなどを使って、毎回お風呂のあとに拭き取るクセを付けるとカビが生えにくくなりますが、拭き取る時間が無い場合には最後に水を全体的にかけて浴室の温度を下げるようにすることで、カビの発生を抑えることができます。
以上でお風呂掃除は終了です♪

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。