お掃除・収納ガイド掃除編年末の大掃除特集場所別キッチン>ガスコンロ編

年末の大掃除 ガスコンロ編

油汚れや焦げ付きで一番頑固な汚れがついていると言ってもいいガスコンロ。
ここはポイントを押さえた掃除で余計な労力を使わずに楽チン掃除を心掛けましょう。
ガスコンロの大掃除のポイントや裏技をご紹介します。

 

ガスコンロの大掃除をしよう

ガスコンロの大掃除に準備するもの
 ・ マジックリン
 ・ 雑巾
 ・ キッチンペーパー
 ・ メラミンスポンジ
 ・ゴミ袋
 ・ 浸け置き用の洗剤

浸け置きしよう!

まずはゴミ袋にぬるま湯と洗剤を入れてスタンバイします。
そこに取り外せるところまで取り外したガスコンロやグリル網を入れて浸け置き(つけおき)しましょう。
表示された時間放置したら取り出し、落ちてない汚れをメラミンキューブで磨きます。
その後水洗いをして、乾拭きをするかベランダで乾かせて終了です。
取り外しができないガスコンロはマジックリンを拭きつけしばらく放置します。そのごメラミンスポンジで磨いてください。

ガスコンロ周りの壁のお掃除

料理で油が飛び散ってしまうガスコンロ周りの壁には、キッチンペーパー、ガーゼ、ティッシュなどを当てて、その上からマジックリンをまんべんなく吹き付けましょう。
そうすることで汚れと洗剤が密着し、簡単に汚れを浮かせることができます。
30分程度放置したあと全てを剥がし、固く絞った雑巾で拭きあげます。

ガスコンロとガスコンロ周りの壁のお掃除は以上で終了です!
1時間30分から2時間かかるかと思いますが、浸けて置いておく間に他の別の場所の掃除を片付けるようにすると効率よく掃除できます。

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。