お掃除・収納ガイド掃除編年末の大掃除特集場所別キッチン>シンク編

年末の大掃除 シンク編

シンクが水アカで曇った印象になるとキッチン全体の印象も曇ってしまいがち。
人は明度が高いものに目がいく習性があるので、ステンレスのものはピカピカに磨いておくと全体的に綺麗な印象を与えます。
ここではキッチンシンクの大掃除についてのポイントや裏技をご紹介します。

 

シンクの大掃除をしよう

シンク周りの大掃除に準備するもの
  ・スポンジ
  ・ ロングたわし
  ・使い古しの歯ブラシ
  ・ 雑巾
  ・ クリームクレンザー

シンク内の汚れを浮かせる

シンクにぬるま湯をかけて汚れが落ちやすい状態にしましょう。
クリームクレンザーを付けたスポンジでクルクルと円描くように汚れを落とします。見落としがちな手前の側面やカビが繁殖しそうな角はより丁寧に。

ロングたわしと歯ブラシのダブル使い

排水口にはロングたわしが便利です。できるだけ奥までロングたわしでこすりましょう。
排水口手前の細かい部分や生ゴミをためるダスター、三角コーナーは使い古しの歯ブラシで丁寧に洗います。
生ゴミの臭いが気になる場合には重曹を入れることで改善されます。


最後は乾拭きで仕上げます

シンク、排水口、ダスター、三角コーナーなどの掃除が終わったら、水を掛けて綺麗に洗い流します。
ここではカビの発生や繁殖を防ぐため、水を使うのがポイントです。
すべて洗い流し終えたら、乾いた雑巾で水滴を拭き取りましょう。これでシンクのお掃除は終わりです。
水の拭き残しがカビや曇りの原因となるので、大掃除が終わった後はキッチンを使い終わるたびにシンクについた水滴を軽く拭き取るクセを付けると、綺麗なシンクを維持することができますよ♪

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。