お掃除・収納ガイド掃除編年末の大掃除特集場所別>トイレ・洗面所編

年末の大掃除 トイレ・洗面所編

避けてしまいがちなトイレのお掃除。また、やっているつもりでも日常の掃除では落としきれない汚れが残っていることも少なくありません。
また、洗面所は鏡や蛇口などを綺麗に磨いてピカピカにしておくことでガラリと印象が代わります!
ここではトイレ・洗面所のお掃除ポイントや裏技をご紹介します。

 

トイレ・洗面台の掃除を始めよう!

トイレの大掃除に用意するもの
  ・ トイレ用ブラシ
  ・ トイレ用除菌洗剤
  ・ トイレ用洗剤
  ・ スポンジ
  ・使い古した歯ブラシ
  ・ ゴム手袋
  ・ トイレ用除菌シート

 まずは便器の除菌から

除菌用洗剤を、便器のふちに一周かけます。
表示されている時間だけ放置し、便器用のブラシで汚れを落とます。
この放置している間にトイレ用除菌シートで便座やフタ、トイレの下、床などもしっかり拭いておきましょう。
ここで一度水を流します。

本格的な便器のお掃除に取り掛かりましょう

便器にトイレ用洗剤を入れ、便器用のブラシでしっかりとこすります。
汚れがある程度取れたら、使い古した歯ブラシでウォシュレットノズルを洗いましょう。
ゴム手袋をつけてノズルを引っ張り出し、洗剤をつけた歯ブラシで丁寧にこすります。
水が流れない便器の縁はトイレ用除菌シートで綺麗に拭きあげます。
トイレ用除菌シートは水に流せるタイプのものを選ぶと便利ですね。
最後に除菌剤を入れて流しておくと綺麗な状態が長続きしますよ♪

 

洗面台の大掃除を始めよう!

洗面台の大掃除に用意するもの
 ・ 雑巾
 ・ ミクロ繊維クロス
 ・ スポンジ
 ・使い古しの歯ブラシ
 ・ 二度拭き不要の洗剤

鏡を綺麗にしよう

洗面台の鏡は、スペースを占める面積も広く、照明などの光を反射する部分でもあるので汚れが目立ちます。
逆に言うと、ここを綺麗にすると洗面台が綺麗に見えるということ。
まずは固く絞った雑巾か、二度拭き不要のクリーナーを吹きかけた雑巾で鏡を拭きあげて汚れを拭き取ります。
雑巾の繊維が残りますが、後から取り除くので気にせずに拭きましょう。
鏡を拭き終わったら、鏡の縁も忘れずに拭いてホコリを取るようにしましょう。

次に、ミクロ繊維のクロスで拭きあげます。
ポイントは同じ方向に拭きとっていくこと。
これで繊維を取り除くので丁寧に仕上げましょう。
拭き残しや、繊維が残っていないかどうかを色々な角度からチェックしてみてくださいね。

シンクを洗いましょう

次に洗剤をスポンジに適量とってシンクを磨きます。
排水口は使い古しの歯ブラシでしっかりとこすります。髪の毛などをとる部分の汚れも丁寧に歯ブラシで取り除きましょう。
また、蛇口も重要な部分の一つ。
人は明度が高いものに目がいく習性があるので、この蛇口をピカピカに磨いておくと全体的に綺麗な印象を与えるのです。
雑巾やミクロ繊維のクロスでも良いですが、使い古したストッキングなどで拭きあげるとピカピカになりますよ♪

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。