お掃除・収納ガイド掃除編お掃除の裏技大特集シミ抜きテクニック>身近なものでシミ抜き

身近なものでシミ抜き

身近にある意外なものでシミを落とすことができるって知っていましたか?
漂白剤や染み抜き剤の代用となるものをご紹介します。
ただし、綿以外の素材は目立たない部分で試した後で実践するようにしてください。

 

身近にある意外な物でシミ抜きしよう

シミの種類
用意するもの
対処方法

香 水
消毒用アルコール

消毒用アルコールをガーゼなどの柔らかい布にアップ利と含ませて、裏側に当て布をし、ポンポンとたたき出します。
さらにオキシドールをつけたガーゼを上から当ててアイロンがけをすると効果がアップします。


ボールペン
消毒用エタノール

油性ボールペンのインクのシミは、通常の選択方法では落ちにくいことが多いものです。
そんな時には、シミが付いた側に当て布をして、エタノールを含ませた布で裏側からたたき出しましょう。
ポイントはしっかりとかつ丁寧にたたき出すことです。


卵 黄
大根

意外に落ちにくい卵黄のシミ。
裏側にタオルをあてて、大根の切り口部分でシミをトントンとたたき出しましょう。
大根の切り口が乾き始めたら新しい部分で再びたたきます。
たんぱく質のシミにも効果があるため、血液にも応用することができます。


紅 茶
レモン

紅茶のシミにはレモンの輪切りを用いて落とします。
レモンの輪切りを紅茶のシミ部分にあてて押さえたら、裏に布かティッシュペーパーを当てて、濡らした布でトントンとたたきます。
その後、しっかりと水洗いを行います。


汗じみ
レモン汁

洗面器いっぱいの熱湯に対してレモン2分の1の絞り汁をいれ、汗じみがついた衣服を一晩付け置きし、水洗いを。
ただし、長い期間放っておいた汗じみには効果はありません。


ワイン

付いてしまったワインのシミがまだ濡れている上体であれば、塩が効果的。
裏側に当て布をして、シミ全体がかくれる程度の塩をふりかけ指で優しくこすります。
そのまま水の中でもみ洗いし、通常通り洗剤で洗い流します。


裏側にタオルを当てて、酢を含ませた布でシミをポンポンとたたき出します。
その後、水洗いをします。
油汚れがひどい場合は、酢を入れた洗面器の中でつまみ洗いをした後で水洗いをします。


しょうゆ
塩水と砂糖水

塩を10gをお湯で溶かした塩水と、砂糖2gをお湯で溶かした砂糖水を用意します。
シミの裏側に当て布をして塩水をつけた歯ブラシでたたいて30分程度置いておきます。
さらに差統帥をつけた歯ブラシでたたき、輪郭が残ったら中性洗剤で部分洗いを行います。

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。