お掃除・収納ガイド掃除編お掃除の裏技大特集シミ抜きテクニック>シミを見分ける

シミを見分ける

ここでは、シミの見分け方や応急処置の方法、生地の種類別の効果的なシミ抜き方法などをご紹介します。
うっかりできたシミに慌てないためにも、抑えておいて欲しいポイントです。

 


まずは応急処置を!

うっかり洋服についてしまったシミには、その場で適切な応急処置をしておくことで、帰宅してからのシミ抜きがとても楽になります。
果汁やコーヒー、ワインなどのアルコール類などの水性のシミが付いてしまった場合は、ぬらしたティッシュやハンカチで、こぼしたものをできるだけ吸い取るようにしましょう。
ミートソースやカレー、ファンデーションなどの油性のシミが付いてしまった場合は、まずはソース類を広がらないようにティッシュで取り除き、乾いたハンカチなどで周りの油分を吸い取っておきましょう。

 

そのシミ、水性?油性?

上手なシミ抜きのポイントは、シミの種類を把握し、そのシミに適した処理を行うことです。
できてから時間がたち、何のシミかわからない場合にはまず水滴を垂らしてみましょう。
水がはじく場合は油性、染み込む場合は水性です。

 

布地の種類別、シミの種類別のシミ抜き方法

うっかりできた落ちにくいシミにも様々な種類があります。
ここでは油性・水性の染み抜きのポイントを押さえつつ、それぞれのシミに対して最も効果的なシミ抜きの方法をご紹介します。

布地
シミの種類
対処方法
セーター
(合成繊維)
ミートソースやカレーなど
油性で液体状のもの全般
シミができてしまった部分をつまみ、何度もふきとります。
当て布をして、上からベンジンを含ませた布でポンポンとたたきます。
それでもシミが残っている場合には中性洗剤などで付け置き洗いをしましょう。
セーター
(ウール)
ファンデーションやチークなど
顔料を含むもの全般
下に当て布をし、上からベンジンでシミをポンポンとたたき出します。
それでも色が落ちない場合、ベンジンが完全に蒸発したことを確認してか固形石鹸を付けて、水でたたきます。
ブラウス
(シルク)
マニキュア
応急処置として、ハンカチなどの布で優しくふき取りましょう。
その後、当て布をして、除光液を付け上から丁寧にたたきます。
シルクの繊維は横にこすることで毛羽立ってしまうので、こすらないように注意しましょう。
ブラウス
(ポリエステル)
ボールペン
シミをティッシュでつまむようにして拭き取った後、当て布をします。
洗剤を水カップ1杯に対してキャップ2分の1を加えた薄め液で上からたたき出します。
この方法はポリエステル素材のみに対応した方法ですので、それ以外の場合はプロに依頼するようにしましょう。
スカーフ
(シルク)

生クリームやアイスクリーム
糖分を含む食べ物全般

ま乾いたハンカチなどでシミの付いた部分を何度つまみ取ります。
その後、当て布をし、うえからベンジンで丁寧にたたき出しましょう。
ベンジンが完全に乾いたら、生クリームに含まれる糖分を取るために固形石鹸を付けて、水でたたいて落とします。

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。