お掃除・収納ガイド捨てる技術>それでも捨てられない人は

それでも捨てられない人は

「片付けることができない」、「片付けてもすぐに散らかってしまう」という悩みを持つ人も少なくありません。「だらしがない」と自分を責めたりする前に、なぜ散らかるのか、どうして片付けられないのかを考えてみましょう。

物を減らして分類してみる

まずは、物が多すぎないかどうかの確認をします。
片付けるために一時的に棚の中にしまいこんだ物や、表からは見えない場所にしまっている物などが、本当に必要かどうか考えしょう。

しかし、必要かどうかわからないものを無理して捨てる必要はありません。
必要」、「わからない」の二つに分けるだけでいいのです。
そして、「必要」と判断したものを、もう一度「必要」、「わからない」の二つに分類します。
それを3回~4回程度繰り返して、本当に必要なものだけを残すようにします。
ここで「わからない」に分類されたものはダンボールに入れて保管しておきます。
無理して捨てなくとも、物がゴチャゴチャしている状態を避けるだけでいいのです。
ただし、1年間そのダンボールを保管してみて一度もあけることがなかった場合は、捨てる勇気を持つ必要があります。

 

徹底的に片付けてみる

一度、徹底的に片付けてみましょう。
また、片付けたら人に褒めてもらうようにしましょう。
そうすることで、達成感を覚え、スッキリした気持ちや綺麗な状態の部屋を保ちたいというモチベーションが上がるはずです。
徹底的に片付けることがどうしても出来ない場合は、家事代行業者などに依頼するという方法もあります。

 

片付けのポイント

1:部屋に置いてある物を減らす
 まずは、「分ける」ということが大切です。

2:使用頻度が高い順番に置く場所を決める
 よく使うものは手前、または取り出しやすい場所に置くようにしましょう。

3:品目ごとに仕切りを作成し、取り出しやすいように置く
 入れ物を使って、種類ごとにまとめます。

4:仕切りには収納している品目を書く
 使用後はそこに戻さなくては、という意識が働きます。

5:定期的に点検する
 現状維持のためにも、定期的にチェックするようにしましょう。

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。