お掃除・収納ガイド捨てる技術>洋服・靴・バッグの処分

洋服・靴・バッグの処分

洋服、靴、バッグなどのファッションに関係するものは、自分を表現するための大切なもので、どうしても増えてしまいがちなものです。しかし、増える一方で使っていない物がどんどん埋もれていくようなクローゼットではなく、必要なものをすぐ取り出せる使い勝手のいいクローゼット作りを心がけるようにしましょう。

片付けプランを作成する

必要なもの」、「必要ないもの」、この2つの振り分けを1日で行う方法と、ワンシーズンかけて行う方法があります。

1日かけて行う場合は、クローゼットの中の全ての洋服類を「いる」、「いらない」、「わからない」の3種類に分類します。
「いる」方に分けたものだけをクローゼットに戻し、「いらない」ものは売ったり、あげたり、リサイクルするようにしましょう。「わからない」ものは、期限をつけて保管します。

ワンシーズンかけて行う場合は、クローゼットの場合は左から、タンスの場合は手前からと決め、着た洋服をその手順通りに片付けていきます。
この方法でシーズンごとに衣服を着続けていくと 、シーズンがの終わりには、クローゼットなら左側に、タンスなら奥に着なかった洋服が集まるようになります。

 

上手に売ろう

必要か必要じゃないか分からないか、に分類した際「分からない」ボックスに仕分けられた洋服はワンシーズンに決めて保管します。
シーズン中に一度も箱などから出さなかった場合、封を開けずに処分しましょう。
処分の方法としては、買取サービスを行っているショップや、リサイクルショップ、ネットオークション、寄付などに分類します。

リサイクルショップには、トレンドを中心に扱うところと、決まったブランドのみを取り扱うところ、何でもOKのところがあります。

トレンドやブランド、質や状態を重視するショップでは物によっては高値で取引されることが多いので、ますはトレンドを中心に扱っているお店に足を運び、その後に何でもOKのところ、引き取り手がない場合に寄付するといった順で処分する方法が一般的です。

また、最近ではネットでの個人売買も活発です。スマホを利用したフリマアプリやヤフオクなどが代表的ですね。あなたにとっては不用品でも別のだれかにとってはうれしいアイテムかもしれません。

その一方でネットオークション、フリマアプリの利用に関しては注意しておきたいところも多いので、「ネットオークションに出品する時の注意点とトラブル防止のポイント」なども参考に、試してみてください。

値段が高かったものは売り、大量生産ブランドなどの衣服で値段がつきそうにないものは寄付したり、ぞうきんや布巾として再利用してから捨てるといいでしょう。

 

反省から学ぶ

捨てる」しかなかった物は、発展途上国への寄付や人にあげるなどして、処分することを検討します。
発展途上国への寄付をする場合、日常着のみとしているところがほとんどでスーツなどは送ることができないので注意が必要です。

そして、捨てること・処分することになった洋服たちを見て、反省することが大切です。
しっかりと着古して元をとった洋服だけならいいのですが、あまり着る機会のなかった洋服があるのならなおさら。
着なかった原因を考え、どうして購入したのか、本当に必要だったのか、同じことを繰り返さないためにはどうしたらいいのか、などを考える習慣を付けるようにしましょう。
買い物上手になることは、片付け上手への近道です!

 


当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。